スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の持っているそのステンレスレンゲは…

ロケット印か?
シマウマ印か?

屋台でおなじみのステンレスレンゲ。
金属レンゲ1
さて、どれがロケット印でシマウマ印か。

ステンレスレンゲの2TOP、ロケット印とシマウマ印。
金属レンゲ2

金属レンゲ 箱

大きさもデザインもすごく似たパッケージ。
バーコードの番号もすごく似ている。。。

ロケット印のほうが、微妙に持ち手が曲線的になっているだけで、
レンゲの主要部分のサイズとかもほとんど同じ。
12本入りで100円程度(@バンコク)だったかなー。
というわけで我が家には24本もステンレスレンゲがあります。
屋台始めるには道具は十分てわけだ。
(大昔、私の祖父は一時、夜鳴きラーメンをしていたことがあるとか)
スポンサーサイト

ウイークエンドマーケットと丸い虹

今日、テレビで、丸い虹を人工的に作ろう、というのを
やっていたけれど、
先月、バンコクのウイークエンドマーケットに行った時、見た!
天然、しかも自分の誕生日に(笑)
丸い虹は、いろいろな条件が揃ったとき現れるそうで、
なかなか見られないらしいとか。

丸い虹
太陽の周りを囲む虹。

さて、ウイークエンドマーケットはアジアン雑貨買い付けとかで
有名な場所ですが、通路も狭くて店も密集していて、暑いし、
同じような店ばっかりで、ほんまに迷子になりそう。。。

おぉっ、ココナッツジュース、うまそ~~!
こんな感じで実から飲むの憧れてたんよね。南国ぽくて!

ココナッツ汁

売り子のお兄さんが実をコンコンと手際よく割ってストローを
さしてくれたのをじゅるっと!

・・・
・・・・・
あんまりおいしくない。。
甘くない。ほのかに甘いかな、そして、ちょっとミネラルな
味わい。ココナッツミルクみたいに甘いもんやと思っていたのにがっかり。


ウイークエンドマーケット

店ぎっしりで、どこに居るかもわからん状態にしばしば陥る。
欧米系の方々はこういうマーケットが大好きな人が多いのか、
なにやらいろいろお買い上げの様子。

売り物

目と鼻の間の黒ジミまでよく捕らえていておもしろい。。。けど
でかすぎたので購入断念。


アイスクリーム

今度はアイスクリーム屋台にトライ。
ココナツ味とミルク味、どっちにする?って聞かれ、
味見までさせてくれたのだけれど、どっちもココナッツ味にしか
思えないものでした(笑)
コップの下にはカットした缶詰フルーツやらごはんやらを
軽く入れてアイスクリームを入れてくれます。
ごはんwithアイスも日本ではなかなか体験できぬもの。

うさぎ

ペット屋さんの密集したエリアもあるのです。
このお店は、子ウサギにお洋服を着せていました。
かわい過ぎる~~~!!!

で、ウイークエンドマーケットで買ったものといえば、
姉のばら撒き土産のプチアロマセットぐらい。
見方が悪いのか、あんまり欲しいものは見つからなかったけど、
丸い虹見られたしさ(笑)

SWEETS&DRINK@バンコク

マンゴータンゴ

代官山にも出店したMangoTango。
プロムポンのエンポリウムデパート店で食べました。

チラシを見ると、香港のスイーツを研究し、、、とか書いてあった(笑)
日本人のおじさん1人でも食べにきてはりました。
このエンポリウム店は持ち帰りメインなのか、
カウンター席3つほどしか無いのが残念。


デイリークイーン

あちこちでこのデイリークイーンを見かけました。
昔昔、ヤマザキデイリーストアでこのデイリークイーンの
ソフトクリームを売っていたときがひと時ありました。懐かしい。

マックフルーリー調のソフトクリームを混ぜ混ぜしたデザート。
見た目分かりませんが、これはキットカット。
マックフルーリーのキットカットあじはそれ専用に細かい粒の
キットカットになっていますが、これはほんまもんの
キットカットがざくざく割って入っているような感じ。

大きさも小さめのカップで、お値段も1つ100円程度で
適切な量でよろしい。

だんご型ソフトも健在。


タイ式ミルクティー

これも身体に悪そうながら、クセになって毎日飲んでしまいました。
泰式冰奶茶~!タイ式アイスミルクティー。
どこがタイ臭いかと言うと、色が不透明絵の具の
橙5:白1で混ぜたような色で不透明。限りなくオレンジ色。

作り方を見ていたのですが。ある店舗の作り方。

1、紙コップにクラッシュアイスを
  すりきりいっぱいまでギッシリ入れる。

2、軽量カップくらいのアルミカップに
  ・きび砂糖(と思しき粉)大さじ2~3
  ・クリープ(と思しき粉)大さじ2~3
  ・煮出した濃い紅茶液(熱い)
  ・練乳どろーり
          を入れよくかき混ぜる。

3、1の氷ぎっしりの紙コップに2を注ぎ入れる。

4、仕上げにエバミルク(カーネーション印)をどぼどぼ。

5、ふたをし、ストローを指し、出来上がり。


ほとんど氷で嵩増ししているので、実質飲める量は少ない。
カーネーションのエバミルクはかなりの消費量と思われ。
シェア率もナンバーワン。お店には相当量のストックがディスプレイ
されていました。今まで、香港が一番の消費量と思っていましたが、
タイには勝てないかも。。。

カーネーションエバミルク

屋台もカーネーション提供らしきものをいくつか見たし。

マクド@バンコク

ワイのポーズ
タイらしいお出迎えのドナルド

マックフルーリー@バンコク
フルーリーは種類豊富。
上から、ナッツ、ベリー、チョコ、オレオの4種のラインナップ。
チョコが一番目立つのは、チョコ好きの国民性ゆえか。

マックカフェ特製マグ
マックカフェ併設店で、もうひとつ何かオーダーしたら
マグカップあげる!と言われ、つい乗ってしまってゲトした
マックカフェ バンコクの文字入りマグカップ。

Beauty@バンコク

いったい何が言いたいねん状態のブツを発見@バンコクのネイル屋さん
ネイルやさん

わしはマニキュア塗ってもすぐハゲハゲになるんよね。働きもんやから(笑)
爪にタイ語を書いてくれって頼んだら、呆れられますた。
もっとデザイン的に書いてくれるのかと期待していたのに、
思いっきりベタに書いてくれはりました。
そう思うと追加料金高かったな~。

バンコクは、エステ・スパやマッサーヅ屋さんがたくさんあって
お値段もお手ごろなので、大変魅力的でした。

初日の夜は、プロムポンにある、アジアハーブアソシエーションという
人気のお店へ行きました。
ハーバルボールという、薬草を木綿で包んで玉にしたのを
身体に当てるという施術を是非体験してみたかったのです。
というわけで、古式マッサージ60分+ハーバルボール30分のコース
650バーツをば。待合場所には香港からの観光客と思しき方々も。

古式マッサージ初体験。
2人用の小屋に案内され、タイ風パジャマにお着替え。
内腿肉を丹念に揉まれて(;´Д`) 
ハーバルボールは、蒸されて適温になったのを身体に当てられます。
もっと薬草臭くて身体に色が移るようなものを想像してましたが、
全然そんなことはなく、お店の方曰く、施術後すぐにシャワーで
流すより、3時間ぐらい身体に浸透させておくのが効果的なのだとか。
というわけで、シャワーは古式マッサージ前に済ませておきました。

ハーバルボールはお腹にも当てられました。
その効果なのかは定かではありませんが、
翌日以降、お通じがすこぶる良好なのです!姉妹ともども。
もしかして、続けたら、体質改善が期待できるのでは?!なんて。

地元で同じようなコースがあるお店を探してみたところ、
なんと8000円もするではありませんか。
定期的に通うにはちょっと厳しい。
どうせなら、バンコクにロングステイして
集中的に通ったろっか!とあらぬことを考え中。

魅惑のマンゴーめし@バンコク トンロー ソイ38

タイといえばマンゴー。
グルメ家シーオンのタイ産ロイヤルマンゴーを初めて食べた時の、
あの上品な甘さは忘れられない。
もちろんお値段も上等なので、
あれと同じものが街中で食べられるとは思ってはいない。
しかも現在、シーズンオフ。
タイのマンゴー最盛期は3月~5月なんだそうな。

でも、どこかにはマンゴーが転がっているはず!


さて、初日の晩ご飯は、先日の記事でも書いたトンローにある
ソイ38という屋台の集まった通りでタイ風やきそば・パッタイを食べました。

パッタイ屋台を探している時、第一マンゴー発見!

カオニャオ屋台

食後の甘いもんが欠かせない我々は、
そのマンゴーがずらりと並んだ屋台でカオニャオ・マムアンという
タイならではのデザートをいただきました。
この屋台は、駅出口からソイ38に入ってすぐ右側にある
横向きに屋台がいくつか並んだ通りに入り、左側2軒めにあります。
すらっとした若いおねえさんが店番をしています。
日本語の書かれた説明パウチが掲げられているので、わかりやすいです。
お値段は大きさにより60、70、80バーツとあります。
60バーツのを頼みましたが、2人で分けて食べても
十分なボリュームでした。

マンゴーめし1

さて、我々の常識では思い浮かばない、このデザート。
カットしたマンゴーに添えられているのは、スティッキーライス。
それにココナッツミルクのソースと何かの種子を揚げたものが
トッピングされています。
以前、タイ料理屋さんで、この手のデザートは食べたことが
あるのですが、ガラスのかわいい器に盛られていて、
スイーツらしい姿で何の戸惑いも無く食べられたのですが、
今回のこの盛りはどうだろう?

マンゴーめし!私にはそれ以外の和訳は考えられませんでした(笑)

長粒種のもち米をココナッツと香り付けのためか
何かの葉っぱともに炊いてあり、ホカホカでほんのりと甘いごはん。
よく考えれば、和菓子のお餅も、もとはもち米。
甘いもんと米は、そもそも相性はよいのです。
アクセントのカリカリ香ばしい種。濃厚なココナッツミルクの甘み。
すっかりはまって、最終日、集合時間前にも食べに走ったくらい。

マンゴー飯2

夜7時過ぎに行ったら、屋台はまだまばらで、このマンゴー屋台も
準備中でした。マンゴーがまだ並べてなかった(笑)
お姉さんを見つけて急ぎ作ってもらいました。
最初、種を忘れて渡されたので、催促してたっぷりかけてもらいました。
これが無かったら美味さも4/5のはず!

他のお店・屋台のも試してみたかったなぁ。
次行くとしたら、マンゴー最盛期に行きたいもんです。

屋台入門編 パッタイ@バンコク トンロー ソイ38

今回の旅は、歩くバンコクを小脇に抱えての行動。
湿気と汗でぐにゃぐにゃになり、製本がバラバラになるまで
使いたおしました。南無~。

その、歩くバンコクに、トンロー駅そばにあるソイ38という通りが
地元で人気の屋台ストリートだというのを読み、絶対行こうと
思っていました。特に、テレビの屋台選手権優勝のパッタイ屋台
あるというのが非常に非常にそそられました。
日本で言うならば、テレビチャンピオン優勝といったところでしょうか。

ホテルに着いて荷物を置いたらすぐにBTSに乗り、トンローへ。
ソイ38に着いたはいいけど…雨ざざぶり。
雨降る中を、テレチャン優勝パッタイ屋台を探し歩く。
しかし書いてある位置にはそれらしき屋台は見当たらず。
屋台だけあって、場所は流動性があるのだろうか。

屋台を見てもほとんどタイ語だらけ、
雨のせいか、お客さんも少なく、誰かが食べているものを見て
判別も出来ず、何を売っている屋台か非常に分かりづらく、
屋台のガラスケースに入っている材料を見て、
ここは汁麺屋台?といったふうに妄想するしかありませんでした。

本当にここがテレチャン屋台なのか不明なまま、パッタイを
提供しているお店を見つけ、注文。

パッタイ 1つめ

屋台密集街の真ん中あたり、1皿50バーツ。

10年ぶりタイ王国、ひとくちめの感想
「あしたのもとの味がする(笑)」

日本のタイ料理屋さんのパッタイを想像して口に運んだから
びっくり。しかし、これも文化の違い。
タイの屋台おなじみの4種の調味料で味付けを楽しみながら
いただきました。お腹空いてたので、あっという間に完食。
EBI姉さんが食べ終わるのを待って、暑い~とうなだれていたら、
お兄さんが何かのカットフルーツを売りにきた。
その後ろに、なんと中くらいのゾウさんが!!パオーって
鼻を巻き上げて、超びっくらの姉妹。
ゾウさん見たのって、何年ぶりよ?!

なんだかまだ物足りないので、先に見ていたマンゴーの並んだ屋台
でも行ってみると、そのすぐ斜めに、なんと、チャンピオン屋台発見!
歩くバンコクの写真と同じお皿。
場所はソイ38に入ってすぐ右側に、横方向ににいくつか屋台の並んだ
路地(というか、何かの建物の入口?)があり、そのすぐ右側。
屋台にチャンピオンと書かれているらしい張り紙があった。
しまったぁ~。傘さしてたからしっかり見てなんだんや。

マンゴーを食べた後、どうしても気になるので、
チャンピオン屋台のパッタイを頼んでしまった。

パッタイ 2つめ

こちらは確か60バーツ。
この屋台のほうが美味しかった。
大きな違いは何かと言うと、やはり味の素の使用量か。やや控えめ。
それから、具だくさんであること。
先ほどのお店は海老がちょっと大きめが3尾。こちらは中くらいのが
いくつも入っていた。野菜も心なしか多い。
これで、得心いたしました。
脂ギッシュなパッタイを2皿も食べられるなんて、
私もまだ若い?!

豚の串焼き屋台で10本も持ち帰りで買ったのに、マッサージに行って
疲れて食べずに寝てしまい、もったいないことをしてしまった。

台湾の屋台と違って、一皿のボリュームがあるので、タイでは
屋台ハシゴはあまり出来ないなぁ~とファーストインプレッション。

※追記
パッタイとは平たい米粉麺を炒めたやきそば。
辛くないので食べやすいお料理です。

タイ料理屋さんに行くとこれをたいてい頼むのですが、
今回食べた屋台ともども、麺の戻し方が上手いのか、
弾力があって日本のお店で食べるのと違う~と感じました。
WHAT'S NEW

メインサイト
グルメアンテナ メインサイトへ


マカオだけ旅行記、完結!

EBI*Kani姉妹の香港お散歩マップ
Google Mapを利用して作ってみました。

NEW!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
お気に入り本
スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編
スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編
これを買ってしまったがために、今ヨーロッパに行きたい病。

スーパーマーケットマニア アジア編
スーパーマーケットマニア アジア編
香港は載ってないけど、台北は載ってます。でも、一番そそられたのは上海のページかなぁ。パンダのコンデンスミルク欲しい…。

台湾まんぷくスクラップ
台湾まんぷくスクラップ
大好きな台湾本。小吃のこととかこんなに種類あるのかーと、勉強になります。レイアウトもかわいい。

ハワイ本
ハワイ本
去年の秋に行く前にはこれでお勉強しました。レイアウトが何気にmeets(関西ローカル本)ぽくて、なじみやすかったし、情報もたくさん載ってました。





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
メールはこちらへどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
リンク
       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。